無料ブログはココログ

« 2016年12月 | トップページ | 2017年8月 »

2017年3月

2017年3月29日 (水)

長崎県交通局・長崎自動車 春のダイヤ改正

毎年恒例春のダイヤ改正

ここ数年は互いに互いのエリアに新規参入するデスマッチが続いてますが今年も同じく...

とくに長崎県交通局の攻勢が強いと感じております。

【長崎県交通局 2017/4/1改正】 http://www.keneibus.jp/notice/2016-041/
○長崎駅前―西山バイパス・川平バイパス―県立大学シーボルト校線開設
(平日のみ・シーボルト校ゆき13便・長崎駅ゆき11便)
○戸石・ガーデンシティ―矢上団地・白木―南高前線開設
(学休日運休・戸石発1便・ガーデンシティ発1便・ガーデンシティ経由戸石ゆき2便)
○東高下―目覚町―中央橋線系統新設
○立神→ガーデンシティ線の運行時間延長(19時・20時台1便)
○ガーデンシティ→立神・長崎東高線系統新設
○矢上団地→市民病院線増回
○滑石団地→女の都団地線増回
○長崎―矢上―諫早線運行時間調整
○野岳・萱瀬→向木場直行便を日中時間にも運行
○今村―大村TM線を松山発着
○大村高速シャトル線の黒丸系統を消防学校系統へ振替(日中)
○諫早高速シャトル線の競技場北口経由便を西諫早NT経由へ振替(一部)

以上リリース分まとめ。そのほか気づいた点

○長崎東高→長崎署(大波止)→浦上駅前系統新設
○諫早駅前→重尾→大浦線系統廃止
○大浦→重尾→東園線系統廃止

今年も攻めの姿勢を見せまくる県営バス
時刻表検索の欄には現状長崎バス単独運行の各地名が出てきてみたり
個人的にはよくダイヤを増やせるほど運転士確保してるんだなという感想

【長崎自動車 2017/4/6改正】
○矢上―畦別当・恵の丘―県立大学シーボルト校線開設(平日1往復)
○福田→市役所→長崎新地系統新設(平日1便)
○神の島工業団地→市役所・二本松口→ダイヤランド系統新設(平日2便)
○彩が丘―茂里町系統新設(彩が丘発2便・茂里町発3便)
○東長崎営業所待合所新設(年の神廃止)

以上リリース分、以下気づいた点

○長崎新地→小江小浦廃止(柿泊まで延長)
○長崎新地→春木町・さくら通り→小江原NT系統新設
○長崎新地―滑石団地・さくらの里団地―桜の里TM系統新設
○長崎新地→川平BP→石原系統廃止
○彩が丘―矢上・ジャスコ前・宿町団地―卸団地系統新設
○立神―つつじが丘線を旭大橋経由に変更
○立神→虹が丘系統新設(横道ゆきから振替)
○桜の里TM→小江原・春木町・大波止→長崎新地系統新設
○神の島一丁目―大曲―茂里町線平日運行から日曜日運行へ
○植物園バス停廃止

【5月実施】
○ビューテラス北陽台乗り入れ
(1往復・長崎新地―ビューテラス北陽台・青葉台・まなび野・隠川内―琴の尾登口)
○みかんバスのイオンタウン長与乗り入れ(平日のみ)

毎度思うけど長崎バスの系統がどんどん複雑化している気がしかしない。
改正のたびに新規系統が増えたりあの系統が減ったり。

2017年3月21日 (火)

燃料電池バス運行開始

Sb101_170321s
Sb101r_170321s
【東京都交通局 S-B101】

3/21より東京都交通局で燃料電池バスが運行を開始しました

実証実験などではこれまでも運行実績がありますが市販される燃料電池バスとしては日本初とのこと

あいにくの雨でしたが運行開始初便はマニアや関係者で混雑しておりました

(それを見越して先行便の臨時も出てた模様)

Sb102_170321s
【東京都交通局 S-B102】

当面は1台2往復の4往復が運行されるようす。

今後都内で100台とも200台とも走らせたいという燃料電池バス

普及には水素ステーションの整備など課題もありそうですが近未来を感じさせます。

2017年3月 3日 (金)

【夜行高速】博多・天神―新宿(はかた号)プレミアムシート

Dscf9681s
【西日本鉄道 0001】

今回の遠征の帰りには前々から乗ってみたかったはかた号のプレミアムシートをチョイス

エアロキング時代のP席は利用したことがありましたが現行車両になってからは初です

周知のとおりですが現行車両では個室調になっていることが特徴です
Dscf9680
入口はカーテンで仕切られておりそこを閉めるともう個室の完成

・・・なのですが今回乗車した1B席は留めるためのマグネットが欠落しており残念

シートは本革を採用し高級感をかもし出してますが寝るシートとしては・・・

寝てるとずり落ちていきますからなんどもポジションを調整するはめに。

それから仕方ないのですが最前列シートで3点式シートベルトのため更に寝にくい印象

とはいえさすがプレミアムシート。なんだかんだで結構寝れるものです。

今回は行程ほとんど寝ていたような・・・もったいない気もしますが最高の贅沢なのかもしれません

博多から14時間弱のツーマン運行。乗務員様お疲れ様でした

2017年3月 2日 (木)

【夜行高速】岡山・倉敷―小倉・博多(ペガサス号)

Dscf9409s
【両備バス0511】

今回、とあるツアーに参加するべく岡山へ遠征してまいりました。

終了後、ある課題を片付けるべく福岡経由で熊本へ向かうことに

その際に「ペガサス号」を利用してみました。

西鉄・両備・下電の3社共同運行となってる路線ですが今回は両備バス便に乗車
Dscf9410
年式が2005年式とすこし装備に不安をいだきましたがそんなこともなく

なかなか乗り心地のいいシートにコンセントも装備

さらにはハンガーも用意されてるなどなかなかのサービスだなと感じました

さて、乗車日は日曜日だったのですが乗車率は8割ほどと言ったところでした

見た感じでは女性利用者が多かった印象

岡山駅西口を出発し、倉敷駅で乗車扱い後しばらくして消灯

両備便は解放休憩がなく乗客は目的地まで降車する事はできません

遊びつかれたためか消灯後ほどなくして夢の中へ…

結局博多バスターミナルまで寝ておりましたので途中の乗降の様子はわかりません()

自分の降車地である天神には定刻より若干早めに到着しました。

約9時間のワンマン運行をしてくださった乗務員様、ありがとうございました

« 2016年12月 | トップページ | 2017年8月 »