無料ブログはココログ

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »

長崎県営バス2015.4改正

いまさら感あふれるこの記事。

去る4/1に長崎県交通局(長崎県営バス)はダイヤ改正を実施しました。

リリースを見ながら改正点をおさらいしていきたいと思います。

1:片淵~長崎駅前線新設

「バス空白地域」である片淵地区に新たに路線を開設します。

運行間隔は60分おき、使用車両は長崎お買いものバスで運用されてたリエッセとのこと

これに伴い長崎お買いものバスは系統廃止となっています。
7c54_150228s
【7C54】

2:滑石団地線の増強

長崎バスの独壇場だった滑石線に県営が参入して1年

ついに長崎市内~滑石間に路線を開設しました。

また、サニータウン~滑石線も同時に開設。滑石地区への運行を着実に増強しています
7e25_150226s
【7E25】女の都団地~滑石線に充当される様子

3:長崎市内~矢上線の増発

去年、長崎バスが路線参入を仕掛けたこの路線

平日では最大10便の増発となっております。

また矢上団地発着便がガーデンシティまでの運行に延長されます

4:夢彩都~風頭線の市民病院始発設定

夕方の時間帯に2便、市民病院前始発が設定されます。

5:諫早市役所経由便の増強

これまで「竹の下経由8:市役所経由2」だった運行割合が「竹の下6:市役所4」と変更

市役所や近隣施設へのアクセス向上をはかります

6:諫早・大村エリアにフリー乗降区間の増設

7:高速シャトルバス諫早線増発

日中の運行間隔はおおむね30分おきとなります。

また停車バス停も3箇所追加(諫早病院前・栄田・永昌町)

これに伴い矢上経由便が減便となってる模様です

8:高速シャトルバス大村線増発

日中の運行間隔はおおむね1時間おきとなります。

また松並公園便は消防学校前まで延伸となり試験場前にも停車するようになります。

9:そのほか

浜平~立神線や網場~女の都線など日中帯の直通運行が取りやめ(長崎駅前終点)となっています。

東高~滑石線は従来の長崎署経由から新設される長崎市内~滑石線にあわせ中央橋・大波止経由となっています。


ついに長崎バスへのエリアへ本格的に乗り込む形となった今回の改正

これにともない車両の転配が発生している様子でもありますので

次回の帰省時には重点をおいて調査せねばとも思っていたり・・・

ここ数年で長崎のバスを取り巻く環境は大きく変わっているなと思わされますね。


大塚支所閉鎖と梅70柳沢撤退

都営バスの改変絡みではこの2つ。

取材時間がまったく確保できなかったので最終日にちょこっとだけという残念ぷりですが。

まずは3/29を持って閉鎖された大塚支所

そのメイン路線とも言える「都02」のラストランを見てきました
Dscf4428s
【G-H130】錦糸町駅→大塚車庫の終前

Dscf4431s
【G-H129】大塚駅→錦糸町駅終前から錦糸町駅→大塚駅終

Dscf4434s
【G-H129】大塚到着後は大塚駅→大塚車庫終へ


3/31をもって花小金井2丁目~柳沢駅間が廃止となり花小金井まで短縮となった梅70
Dscf4443s
【W-L630】青梅→柳沢終前から柳沢→青梅終へ

Dscf4446s
【W-L630】柳沢の桜並木を駆け下りる

Dscf4455s
【W-L751】青梅→柳沢終から柳沢→大和終へ

Dscf4456s
柳沢駅のポールと都バスが一緒のアングルに収まる事はもうない。

今月は仕事ばかりで自分の好きなことに費やす時間が確保できなかったのが残念

働かないと食えないのでわがままも言ってられないが・・・でも趣味の時間は欲しいもの

立73運行終了

久々にブログでも書きたいと思います。

長崎のネタも触れたいのですがこちらはまた時間のあるときにでも。

3/29(日)を持って京王電鉄バスの立73(日野駅~立川駅)が運行を終了しました。
Dscf4388s
最終運行を飾ったのはS40324

Dscf4390s
バス停着車後には最終の意味を示す赤灯が付けられました。

Dscf4391s
立川駅ポールと側面表示

歴史をひもとくと古くは新宿~八王子という長距離路線だったという立73

過去には都交通局も運行を担当し八王子市内に車庫もあったというのですから驚きです

末期には日曜日に1往復のみとなっていた同系統

歴史と伝統のある路線はひっそりと消えていったのであった。

« 2015年2月 | トップページ | 2015年8月 »